シリコンバレーを読む

シリコンバレーがロックダウンされた2020年3月16日から、家族で家に引き篭もる生活を2週間続けていて気づいたことは、非常時には情報のインプットがとても大切だということだった。我が家にはテレビがない。すべての情報はインターネット経由だが、決まった時間にニュースを見るという習慣がないので、自分から情報を得る努力をしないと、どんどん情報を逃してしまう。

非常時でなければ、それでかまわなかった。本当に必要な情報は最終的には伝わってくるし、できるだけ速く情報を得る必要はない。しかし、パンデミックの世界は今や非常に不透明だ。規制の変更や感染拡大状況など、見逃すとまずい情報が日に日に更新されていく。また、SNSを介して根拠のない噂が飛び回っていて、油断をしていると虚実か真実かわからない情報に溺れてしまう。パンデミックだというだけでも十分不安なのに、これらの情報に振り回されるとその不安は倍増だ。この不安から自分を守るのに、手っ取り早い方法は、信頼性のある情報による武装だ。

こんな背景で毎朝毎夕、複数の米国のメジャーなマスコミとシリコンバレー周辺のローカルなマスコミのニュースを読み始めるようになった。ロックダウンで時間もあまっていた。さて、情報収集は始めて見ると、とても興味深い。いろいろな視点の記事を読み続けると、仕事と家と学校の中だけでは見えなかった米国の姿を見えてくるようになる。

さて、インプットばかりを続けていると、今度はアウトプットしたくなるのが人間の性だが、家族や友人をつかまえてアウトプットしようとすると、押しつけががましくなって迷惑だと思うので、じゃ、ブログでも書いてみようと始めたのが『シリコンバレーロックダウン日記』だ。

最初は、読む人がいればラッキーぐらいのつもりで始めたブログだったが、読めば読むほど書けば書くほど面白くなり、ロックダウンに関係ない記事でもアレもコレも読んで書いてみたいと思うようになる。「これってロックダウン以外の記事でもやればいいんじゃない?」というところまで辿り着き、とうとう、このブログを構築するに至った

いつまで続くかはわからない不定期な更新だろうけれど、『シリコンバレーロックダウン日記』とともに読んでいただければ嬉しいです。

sarukunsv

Comments

タイトルとURLをコピーしました